people

この人のすてきなこと

Photo by TKC

Wine and Music in the Forest
岡本英史 (BEAU PAYSAGE)×haruka nakamura   Part1

 

ふたりの共鳴は、2018年7月ボーペイサージュのぶどう畑で始まった。

『Waltz for BEAU PAYSAGE』CDブックに向けて「美しい風景」を音楽で描くために、まずぶどう畑を見に行くことになった日のこと。まだ緑色の実をつける津金のPinot Noirの畑で、haruka nakamuraは岡本英史と初めて会った。

ひとしきりぶどうの話を聞いた後、取り出したギターで、同行していた田辺玄と一緒にインプロビゼーションのセッションを始めた。天気はとてもよく青空が広がり太陽が照らしつけるなか、そよそよと風が吹いている。何も敷かずに座り込んだ雑草は湿り気を帯び、アリや小さな虫たちが這い回っていた。

何気なく始めたセッションは、美しいメロディを奏で始めた。このとき生まれた曲が、CD 『Waltz for BEAU PAYSAGE』1曲目の「BEAU PAYSAGE」。同時にharuka nakamuraと田辺玄のユニットが誕生した。

その夜、みんなでボーペイサージュのワインを飲みながら話した。「ワインは雨からできているんです。雨をきれいにしなければいいワインはできない。雨をきれいにするには、空をきれいにしなくてはいけないんです」。自分の言葉を使って自分の思いをていねいに話す岡本英史の声を、じっと聞いていたharuka nakamura、この日「地球のすべては循環している」ことをはっきりと自覚した。そしてのちに、この日誕生したユニットに「orbe=循環」という名をつけた。

__IMG_0605

Photo by TKC

 

 2019年5月、『Waltz for BEAU PAYSAGE』のリリースとボーペイサージュの20周年を記念した演奏会が、八ヶ岳高原音楽堂で開催された。舞台上で、演奏の前にharuka nakamuraが語った言葉は…

「そこに1本の木があります。木を見ながら去年の夏、ボーペイサージュのワインを飲みながら岡本さんと話したことを、ずっと考えていました。

山梨県の増富温泉に行ったとき、一人のおじいさんに会いました。そのおじいさんはヴァイオリンをつくる人で、山梨県で森を育てています。なぜ森を育てているかというと、1本の自分の目指すヴァイオリンをつくるため。そのヴァイオリンをつくるには、木をつくらなければならない。どれだけ美しいヴァイオリンを完璧につくっても、いい木を使っていないといい音は鳴らないからと、自分で木を育てている。そのおじいさんは、いい木をつくるには、いい森を作らなければならない、と言いました。

そしておじいさんはぼくに聞きました。『君はピアノを弾いいているとき、森の響きを感じていますか? そして森を歩いているとき、音楽を感じますか?』と。

そのとき、岡本さんが言った言葉『いいワインをつくるためには、いい雨を降らせなければいけない』と繋がったんです。

 この1本の木を見るとき、彼らからのメッセージが頭に浮かびます。

ぼくたちorbeの曲はまだ1曲しかないので、ここで生まれた即興を交えながら、今からここで音楽をつくっていきます。明かりを消して、窓を開けてもらいました。外の鳥の声とか森の音がして、風を感じます。ぼくたちの演奏は虚構にある景色を見ていただくイメージです。

この美しい風景とぼくたちの音楽が、ボーペイサージュのワインがからだの中に入っているみなさんの中に、振動してリフレクションして、一つのものになれたらうれしいなと思っています」

 

 *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

 

1本の木を思って即興ピアノソロを弾き始めたharuka nakamura、そこに寄り添うように弦をつま弾き始めた田辺玄、そしてじっと耳を傾ける200名のオーディエンスが一体となって、音楽と自然が溶け合った類を見ない時間を生み出した。

このとき、このかけがえのない時間を体験したものはみな同じことを思った。もっと聴きたい、もっと感じていたい、もっと浸っていたい、もっと、もっと。

この気持ちをもっとも強く感じていた人のひとり、岡本英史は、orbeのふたりに「来年もここでorbeの演奏を聴きたいです」と言った。

 

そうして2020年5月23日、BEAU PAYSAGE岡本英史とorbe / haruka nakamura,田辺玄が再び八ヶ岳高原で共演することが決まったが、新型ウイルスの感染の影響を受けて、この演奏会は幻と化すことになった。

この幻の演奏会のために、orbeのふたりは昨年のコンサートから1年かけて、oebeの音楽を演奏するにふさわしい八ヶ岳と岡山の海辺のカフェ『belk』で、「orbeの音楽」を育んできた。その音楽がレコーディングされ1枚のアルバム『orbe / orbe feat. LUCA』(レコード+CD)として、演奏会が開催される予定であった5月23日にLPリリースの形で結実することになりました。

また、 haruka nakamuraと岡本英史は、共鳴する思いを共有するため、対談を重ねました。
(対談はPart2でお読みください)

orbe / orbe feat. LUCA の作品紹介はこちらから。